パイロットは空の上で何を考えているのか

パイロットは空の上で何を考えているのか ダウンロード電子ブック (Pdf. Epub. Mobi. Doc. Docx)



Kindle 価格:

パイロットは空の上で何を考えているのか.pdf – (¥0.00)

パイロットは空の上で何を考えているのか.epub – (¥0.00)

パイロットは空の上で何を考えているのか.mobi – (¥0.00)

パイロットは空の上で何を考えているのか.doc – (¥0.00)

パイロットは空の上で何を考えているのか.docx – (¥0.00)

商品の説明

内容紹介

 人間はそもそも、空を飛べるようにはできていません。三次元空間に対する感覚を持っていないし、飛行機の速度である時速千キロメートル近くでの移動に感覚がついていかないからです。

 例えば空を見上げて「あの雲は高さ五千フィートくらいにあるな」なんて言える人がいるでしょうか? 

 パイロットは、人間の能力の限界を超えた世界に挑戦しなければなりません。滑走路に着陸する場合には、地面との距離を正確に把握しなければならないし、たとえ猛スピードで進んでいようとも他機や積乱雲などの障害物を避けなければ、航空事故という歴史に残る大惨事を引き起こしてしまうからです。

 この本では我々パイロットが飛行中に何を考えているのか。また人間の能力を超えた世界に、どのように適応しているのかを紹介します。

 この本で学んだことは他のどのような分野にも適用できます。航空業界に興味のある方、空を飛ぶ夢を持つ方にはもちろん、パイロットの思考法を学んで、ひと味違う仕事をしたいビジネスマンの方にも読んでほしいと思います。

目次: パイロットは空の上で何を考えているのか

 ・パイロットの訓練は、できないから始まる

 ・常に先を読んで、次に何をするか考えておく

 ・アイハブとユーハブ

 ・フライファーストを守る

 ・CRMという概念

 ・パイロットは常に論理的に考えていなければならない

 ・判断力っていったいなんだ?

 ・パイロットにリーダーシップなんかいらない

 ・責任という言葉の重みを知る

 ・パイロットは最後まで逃げてはいけない

 ・空の上での錯覚

 ・暗黙知を利用する

 ・飛行機の設計思想

 ・過去の事故から学ぶ

 ・地上で八割準備して、残りの二割で飛ぶ

 ・トラブルには体が勝手に反応する

 ・まとめ

著者紹介:峰山翼

パイロット。航空宇宙工学の修士号を取得後、航空会社に入社。

文字数:

1,2000字程度



ダウンロード電子ブック:

  • パイロットは空の上で何を考えているのか.pdf
  • パイロットは空の上で何を考えているのか.epub
  • パイロットは空の上で何を考えているのか.mobi
  • パイロットは空の上で何を考えているのか.doc
  • パイロットは空の上で何を考えているのか.docx


  • オンライン予約:

  • パイロットは空の上で何を考えているのか

  • 登録情報

    • フォーマット: Kindle版
    • ファイルサイズ: 2284 KB
    • 紙の本の長さ: 41 ページ
    • 販売: Amazon Services International, Inc.
    • 言語: 日本語

    コメントを残す